アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

【質問】これだけは絶対に食べなさい?っていう食べ物を教えてください。

「これだけは絶対に食べなさい」そんな食べ物ありますか?

ありません!

分かりやすく、植物で説明します。

植物が育つには、水、二酸化炭素、光が必要です。

どれか一つ足りないと育ちません。

 

植物だとシンプルなので分かりやすいですね。

動物だと、植物のように説明するのは難しいことです。

知りたい方は、生化学の本や、生理学の本を買いましょう。

一から勉強するのが厳しい方は、専門家の話を聞きに行きましょう。

 

植物が育つのにも、「これだけ」という成分はありません。

動物や人間も同じです。

「これだけ」というものはありません。

 

また、何のために「これだけを決める」必要があるのでしょか。

これから遭難する予定で生き延びるためだけなら、「水と塩」がよいでしょう。

あなたの目的は何ですか?

目的は何ですか?

健康になるため?では、健康とは何ですか?

長生きすることですか?

スポーツ選手のように、超人的なパフォーマンスを出すことですか?

何が困っているのですか?

何がしたいのですか?

「体に悪いことは止めたくないから、早死にすることも、病気になって苦しむことも覚悟している。でも、少しでもマシなことをしたい。」

別に、これでも構いません。

もう一度自分はどうなりたいのかを考えてみてください。自然といい答えが見つかるはずです。

よくある安易な回答

タンパク質

体はタンパク質からできているから、タンパク質を取りましょう。

プロテインが、体にとてもいいです。

そのように言われており、沢山の商品が宣伝されています。

【ドクター小池のダイエット】糖質制限やパーソナルジムで痩せてもリバウンド!プロテイン信者にだまされないで!

今までのダイエット法との違い 「見た目の価格が安い。」 「エステなら薬を使わないので安心だ。」 そういった理由でエステサロンでの痩身を試みる人が多くいます。 でも本当に継続して理想の身体を手に入れるに ...

続きを見る

ヨーグルト

発酵食品で体にいいです。

乳酸菌は、腸の調子を整えてくれます。

毎日、ヨーグルトを食べましょう。

【豆類、ヨーグルト、りんご】を食べてはいけない体質 【過敏性腸症候群】

過敏性腸症候群という病気がある。 つらい腹痛や下痢に悩まれる。 そういう人たちに豆類、ヨーグルト、りんごは逆に悪くするとされる。 それらの食べ物のことを高FODMAP食という。 フォドマップ FO 発 ...

続きを見る

野菜ジュース

一日に必要な野菜をつかった野菜ジュースが、たくさん出ています。

これさえ飲めば、野菜は取らなくても平気です。

【野菜不足】に野菜ジュース?効果や栄養を考えてい飲んでいる人はゼロ!

野菜不足に野菜ジュースでもいいのか? よく聞かれる質問だ。こういう人のために結論から言うと、野菜ジュースでもいいと思う。 きっと野菜を食べていないのだろうし、細かいことを言っても理解できない人だから。 ...

続きを見る

ドクター小池の回答

安易な表面的な回答が、意味のないことだとブログでもお伝えしています。

時間のあるときに、ドクター小池ブログを読んで下さいね^^

ドクター小池の話が読める雑誌

2018.11.02
『安心』2018年12月号

『安心』2018年12月号で掲載されました。(8ページ分)

アンチエイジング専門医が推奨
きな粉ドリンクは肌、髪、血管、脳が若返る成分の宝庫

どういう内容か

きな粉はいいと思う。

 

だけど、大豆だけ取っていれば本当にいいのか?

大豆のいいところは?そして、足りないところは?

 

これを読めば、大豆にこだわらなくてもいい。

自分の頭で食材の組み合わせが考えられる。

 

そのような、内容になっています^^

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.