アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【ペット】を飼うと体によい3つの理由

更新日:

1.病院に行く回数が減る
2.1年後死亡率が変わる
3.会話や笑顔が増える

皆さん、動物は好きですか?
私は大好きです。
チワワは特にカワイイ。

トリミングしてもらいました。
こんな感じ。

さて、
日本アニマルセラピー協会によると

1.病院に行く回数が減る

ペットを飼っている人は飼っていない人より、
病院に行く回数が年間20%前後減った。

2.1年後死亡率が変わる

心臓疾患のある人で、1年後に
ペットを飼っている人は
【53人中3人死亡】
飼っていない人は
【39人中11人死亡】

3.会話や笑顔が増える

一方、施設で生活をする
高齢者や障害を持つ人が
犬などと触れ合う事により
会話や笑顔が増え、
表情の変化などの改善が見られた。

 

ペットとの時間が癒しの時間。

素敵なクリスマスをお過ごしください。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.