【ペット】を飼うとカラダによい3つの理由

皆さん、動物は好きですか?
私は大好きです。
チワワを溺愛しています。

ペットと一緒に暮らすことがカラダによい3つの理由

1.病院に行く回数が減る
2.1年後死亡率が変わる
3.会話や笑顔が増える

日本アニマルセラピー協会より

1.病院に行く回数が減る

ペットを飼っている人は飼っていない人より、病院に行く回数が年間20%前後減った。

ペットに癒されることで、病院にいく回数が減るのかもしれませんね。

2.1年後死亡率が変わる

心臓疾患のある人の1年後の死亡率

ペットを飼っている人は【53人中3人死亡】
飼っていない人は【39人中11人死亡】

3.会話や笑顔が増える

一方、施設で生活をする高齢者や障害を持つ人が犬などと触れ合う事により会話や笑顔が増え、表情の変化などの改善が見られた。

動物と一緒に暮らしましょう

ペットとの時間が癒しの時間になり、ストレスが大きく軽減されるはず。

毎日イライラして過ごすより、可愛いペットと笑顔で暮らす方が健康にいいに決まっています。

犬の散歩をするようになってから体調がよくなったという話を聞いたことがあります。

保護犬や保護猫を救う活動をしていきたいと考えています。ぜひ、協力してください。

Instagramやピンタレストで親バカしています。

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-アンチエイジング, 予防医学, 小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ