免疫力を高めて骨を強くするビタミンDを効率よく補給する3つの方法

ビタミンDってビタミンCやビタミンB群にくらべるとマイナーな感じがしますね。

でも、免疫力アップや骨を強くするには必要な大事なビタミンです。

ビタミンDの働き

  • 免疫力アップ
  • 骨の健康
  • 動脈硬化予防
  • がん予防
  • 糖尿病予防
  • 認知症の予防
  • インフルエンザ予防

ビタミンDの補充方法

全身の健康維持のために欠かせない

必要なビタミンDをどのように補充したらいいのでしょうか。

1.日光浴

2.食事

3.サプリメント

1.日光浴

男性ならTシャツ短パンで20分間の日光浴を週3回程度。

紫外線を避けたがる女性はビタミンD不足に陥りがちです。

自粛生活の2020年は、ビタミンD不足は深刻な問題かもしれません。毎日、少しでも太陽に当たって歩くことは健康維持全般に共通して言えることです。
日当たりの悪い部屋、オフィスの場合は特に意識してください。

ステイホームシンドロームの危険性!7つのリスクと3つの打開策

誤ったステイホームをすると、死の危険があります。 16分の動画で、ステイホームシンドロームと、ベターステイホームについての話をしました。 知らなかったでは済まされないことがありますので、正しい知識を持 ...

続きを見る

2.食事

ビタミンDは食事で補給することもできます。

食材ではきのこやワカメなどの【植物由来のビタミンD2】より魚に多く含まれる【動物由来のビタミンD3】のほうが効率よく補給できます。

なかでもとくに豊富なのがサケで、サンマやサバなどの青魚、ジャコ類なども積極的に取ると◯

コレステロールが高いからという理由で卵を食べない人がいます。コレステロールが多い食品を食べるとと血中のコレステロールが上がるというのは違います。

加齢とともに皮膚でつくられるビタミンDの量が減り、食事の全体量が減ってしまうことで、血液中のビタミンD濃度は低下してしまいます。

血中濃度の測定は、ドクター小池クリニックでも検査が可能です。

3.サプリメント

血液検査で不足が見つかった場合、ビタミンDのサプリメントを利用します。

1日1000~3000IU(インターナショナルユニット・国際単位)を目安に摂取するようにしましょう。(医療用サプリだと、1~3カプセル )

体内のビタミンD濃度をより高めるのは魚に多く含まれるD3です。

サプリメントを利用される際にはこの点を確認ください。

添加物がてんこ盛りのサプリメントが市場にはたくさんあります。なんのためにサプリメントを摂取するのか?を考えてください。

97%添加物の葉酸サプリを選ばない方法

97%添加物だらけの葉酸サプリを選ばない方法を書きました。ドクター小池より

続きを見る

サプリメントを飲んでるから大丈夫という安心感のためなら、どんなサプリメントでもいいと思います。

健康のもとなる栄養素ビタミンDの補充は、元気に長生きするために必要ということだけは覚えておいてください。

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-予防医学

© 2020 小池ぶろぐ