アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

骨を強くし、免疫力を高めるビタミンDを効率よく補給する3つの方法

更新日:

ビタミンDの働き

骨の健康

免疫力アップ

動脈硬化予防

がん予防

糖尿病予防

認知症の予防

インフルエンザ予防

ビタミンDの補充方法

全身の健康維持のために欠かせない

必要なビタミンDをどのように補充したらいいのでしょうか。

1.日光浴

2.食事

3.サプリメント

1.日光浴

男性ならTシャツ短パンで

20分間に日光浴を週3回程度。

 

紫外線を避けたがる女性は

ビタミンD不足に陥りがちです。

2.食事

ビタミンDは食事で補給することもできます。

食材ではきのこやワカメなどの

【植物由来のビタミンD2】より

魚に多く含まれる

【動物由来のビタミンD3】

のほうが効率よく補給できます。

 

なかでもとくに豊富なのがサケで、

サンマやサバなどの青魚、

ジャコ類なども積極的に取ると◯

加齢とともに皮膚でつくられる

ビタミンDの量が減り、

食事の全体量が減ってしまうことで、

血液中のビタミンD濃度は低下してしまいます。

 

血中濃度の測定は、

ドクター小池クリニックでも検査が可能です。

3.サプリメント

血液検査で不足が見つかった場合、

ビタミンDのサプリメントを利用します。

1日1000~3000IU(インターナショナルユニット・国際単位)

を目安に摂取するようにしましょう。

(医療用サプリだと、1~3カプセル )

 

体内のビタミンD濃度をより高めるのはD3です。

 

サプリメントを利用される際にはこの点を確認ください。

健康のもとなる栄養素ビタミンDの補充は、

元気に長生きするために必要です。

 

自分の体のビタミンDの量を知りたい方は

LINE@からお問い合わせ下さい。

LINEを使っていな方は、お問合せから

 

自己流の健康管理方法では

実は不毛な時間を過ごすだけで、

意味がないことになることがあります。

https://line.me/R/ti/p/%40jwg3917z

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.