【ドクター小池が答えてみた】胃がんに高濃度ビタミンC点滴

ぱんだ
数年前に胃癌で胃を2/3切除しました。現在再発予防として月2回、高濃度ビタミン25g点滴を受けています。再発予防の効果はあるのでしょうか?教えてください!

予防に至るかどうか人による

再発の予防に至るか、至らないのか。

それは人によります。

美白にならない白玉点滴

白玉点滴なる美白点滴があります。

ビヨンセ点滴|白玉点滴って本当に肌が白くなるの?

ビヨンセ点滴、白玉点滴はグルタチオンの薬を入れた点滴のことです。 アナ雪点滴、シンデレラ点滴と呼ぶクリニックもあるようです。 何で白玉点滴というの? 肌が白くなるからといわれ、白玉のような肌になるとい ...

続きを見る

白くなるのか、ならないのか、その意味が書いてあります。

美白は関係ないと思うかもしれませんが、本質が書いてあります。

意味を知れば、高濃度ビタミンC点滴についても、応用と理解ができると思います。

すでにかかりつけ医がいるのに・・・

高濃度ビタミンC点滴で通院しているのであれば、その病院でかかりつけ医の先生がいると思います。

他の医者に聞く理由として、少しでも、かかりつけの医者にはあまり頼れないお気持ちがあったとします。

私だったら、通院するクリニックを他に探してみます。

参考かかりつけ医を持ちましょう|国民のみなさまへ|日本医師会
https://www.med.or.jp/people/kakari/

ドクター小池はこう思う

例えて言うなら、こうです。

「火事で消防車が来て鎮火しました。消火器があれば火事を予防できますか?」

消化器で、火事が予防できるかどうかは人によります。

  • 油や火薬など引火物はないか?
  • 寝たばこなど火元はないか?
  • 消火器の使い方は正しいか?

火事と消化器なら、このような細かいことを指摘する必要もありません。

かりに、消火器を用意したあとに火事になっても、タバコや火薬があったら火事は防げないのは当然だと、誰でも理解できます。

「再発予防の効果があること」と「再発しないこと」は必ずしも、一致しません。

話が医療になると、お互い齟齬が生じることがあります。

「予防できるっていったじゃないか?」と行き違いにならないように、かかりつけ医をよくお話をするとよいと思います。

 



Dr 小池
知識は自分を守る道具です^^

-小池コラム
-, ,

© 2021 小池ぶろぐ