アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

アンチエイジング 予防医学 小池コラム 美容

【ボトックス】インフォメーションセンター

更新日:

ボトックスはどうやって開発されたか?

ボトックスってどんな薬?

ボトックスは、A型ボツリヌス毒素という成分をつかって筋肉を弛緩させて、いろいろな症状に対応する注射薬です。

1973年 【斜視】に初のボトックス治療

1973年アメリカの眼科医であるScott氏たちは、A型ボツリヌス毒素の筋弛緩作用に着目し、「斜視」の治療のためにサルの外眼筋に投与しました。

すると、体全体に毒などの影響をだすことなく、持続的な効果発現が認められ、これを契機に1977年から臨床応用に発展していきました。

1988年 アメリカでボトックス治療が承認

1988年にScott氏の要請でアラガン社が開発に携わり、1989年「斜視」及び「眼瞼痙攣」を適応症としてFDAの承認を取得した。

  • 斜視(しゃし)
  • 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

1996年 日本でボトックス治療が承認

日本では、アラガン株式会社がボトックス注用100単位の臨床開発を進めました。

1996年に「眼瞼痙攣」に対して承認され、2000年に「片側顔面痙攣」、2001年に「痙性斜頸」の効能・効果が追加で承認されました。

  • 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)
  • 片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)
  • 痙性斜頸(けいせいしゃけい)

2009年 【尖足】で承認

2005年12月に、製造販売承認元であるアラガン株式会社から、グラクソ・スミスクライン株式会社へ本剤の製造販売承認を承継しました。

2008年10月には「ボトックス注用50単位」の剤形が追加で承認されました。

また、2009年2月に「2歳以上の小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足」の効能・効果が追加で承認されました。

2010年 【痙縮】で承認

2010年10月に「上肢痙縮」と「下肢痙縮」で承認されました。

2012年 【重度の原発性腋窩多汗症】で承認

2012年11月に「重度の原発性腋窩多汗症」で承認されました。

2015年 【斜視】で承認

2015年6月に「斜視」で承認されました。

2018年 【痙攣性発声障害】で承認

2018年5月に「痙攣性発声障害」で承認されました。

ボトックスの安全な使用

ボトックスの適正で安全な使用のためを目的として、以下の対策を実施しています。

  • 医薬品リスク管理計画の策定及び実施
  • 使用医師の限定(講習及び実技セミナー参加医師のみ)
  • 使用施設での納入記録及び失活・廃棄の管理記録の徹底
  • 斜視を対象とした全例使用成績調査の実施
  • 痙攣性発声障害を対象とした全例使用成績調査の実施

ボトックスの治療の特徴

  1. 筋肉を弛緩させる
    局所の神経と筋肉の伝達を阻害して、筋肉を弛緩させる。弛緩をさせることで、「眼瞼痙攣」、「片側顔面痙攣」、「痙性斜頸」、「上肢痙縮」、「下肢痙縮」、「2歳以上の小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足」、「斜視」及び「痙攣性発声障害」に効果がある。
  2. 汗を止める
    コリン作動性の神経と汗腺が接合する部分の、神経伝達を阻害する作用によって発汗を抑制するため、「重度の原発性腋窩多汗症」に有効である。
  3. 効果の持続期間
    「眼瞼痙攣」、「片側顔面痙攣」、「痙性斜頸」、「上肢痙縮」、「下肢痙縮」、「2歳以上の小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足」、「斜視」及び「痙攣性発声障害」に対する効果は通常3~4ヵ月
    「重度の原発性腋窩多汗症」に対する効果は通常4~9ヵ月程度
  4. 注射した部位はいずれ効果は切れて回復する
    神経と筋・汗腺の接合部における伝達阻害作用は可逆的で、時間経過とともに回復する。

症状

痙縮

上肢痙縮・下肢痙縮 定義・症状
https://gskpro.com/ja-jp/disease-info/spa/

あきらめないで!


手足のつっぱり「痙縮」情報ガイド
http://keishuku.jp/

痙性斜頸


痙性斜頸
https://gskpro.com/ja-jp/disease-info/cd/
http://btx-a.jp/kubi/
「斜頚」|日本整形外科学会
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/torticollis.html

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣
https://gskpro.com/ja-jp/disease-info/bs/
http://btx-a.jp/kao/

片側顔面痙攣

片側顔面痙攣
https://gskpro.com/ja-jp/disease-info/hfs/
http://btx-a.jp/kao/

斜視

斜視
https://gskpro.com/ja-jp/disease-info/sbs/

小児脳性麻痺患者の下肢痙縮に伴う尖足

小児脳性麻痺患者の下肢痙縮に伴う尖足
https://gskpro.com/ja-jp/disease-info/jcp/
http://btx-a.jp/shoni/

痙攣性発声障害

痙攣性発声障害
https://gskpro.com/ja-jp/disease-info/sd/
日本音声言語医学会
http://www.jslp.org/

原発性腋窩多汗症

原発性腋窩多汗症
https://gskpro.com/ja-jp/disease-info/hh/
ワキ汗・ワキの多汗症情報サイト
http://waki-ase.jp/

 

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-アンチエイジング, 予防医学, 小池コラム, 美容

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.