線維筋痛症で大好きな仕事が思いっきりできない!

20代、30代と無理を続け、カラダを壊した方がいます。

病名は、【線維筋痛症】、【膠原病】です。とくに治療法はなく、「悪くなったら症状を抑えましょう」というもの。

なんとか、仕事は続けられるけど、【痛み】で、はかどりません。

「痛くなければ好きな仕事をもっとできるのに。」

その方の業界は、豪快な人が多いところで、酒・タバコ・暴飲暴食が基本。

定年前に亡くなる方も、他の業界よりも多いようです。

 

忙しい時期は、チョコとコーヒーで乗り切れると豪語する人も。

「この業界は、知的で、クリエイティブで、オシャレなイメージがありますが、実際は昼夜がなく、泥臭く、ブラックなのが基本なんです。」

そう苦笑いしながら話をしてくださいました。

イメージで入ってくる新人は、たいてい辞めていくようです。

ベテランはITに疎く、新人は長続きしない。

40代でやっと、やりたい仕事、任せてもらえる仕事が増えても、下の仕事、上の仕事が自分たちにしわ寄せがきます。

走り抜けた、20代、30代。

40代になって、やっと自分の体を見直そうと考えていました。

一般病院の保険診療は、対症療法中心ですが、体質改善やストレス緩和の治療が世の中にはあります。

 

やりたい仕事を続けたい。

仕事にプライドがある。

だから、自分の業界は病人が多い。

だから、早死にする人も多い。

 

あなたが専門分野の人で、他からは中身が分からないと思っているとしたら。

同じく、あなたから見えないあなたのための医療がありますよ。

自分の仕事を好きな【ビジネスアスリート】を応援しています。

 

小池佳嗣



Dr 小池
知識は自分を守る道具です^^

-小池コラム

© 2021 小池ぶろぐ