アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

肥満を防ぐ【コンビニ食】の選び方、5つのポイント

更新日:

昼食、夕食でコンビニに行くとき、

お弁当コーナーに直行してはいけません。

肥満を防ぐ【コンビニ食】の選び方、5つのポイント

を、当院でも扱う健康マガジンからご紹介。

この順で回れば、完璧コース

1.雑誌コーナー

2.飲み物コーナー

3.汁物コーナー

4.おかずコーナー

5.炭水化物コーナー

 

1.雑誌コーナー

まずは、食欲を雑誌コーナーでクールダウン。

ダイエット本、ダイエット雑誌をチェキラ。

2.飲み物コーナー

無糖のお茶や水を。

炭酸水でお腹を膨らませるのも◯

【カロリーオフ】は【カロリーゼロ】と別物。

惑われないように。

3.汁物コーナー

野菜の具が多いものが◯

温かいものは満足度大。

4.おかずコーナー

主菜は、チキンや焼き魚、豆腐など。

副菜は、野菜や海草の食物繊維が豊富なものを。

サラダは、糖質・脂質が多いポテトサラダ、

マカロニサラダより生野菜優先で。

5.炭水化物コーナー

「お好み焼き+おにぎり」

「ラーメン+サンドイッチ」

などの炭水化物コンビは避けて。

米なら雑穀米、パンならぶらんパンを。

こんなときは・・・

Q1.どうしてもカップラーメンを食べたいとき

Q2.どうしても間食をしたいとき

Q3.どうしても揚げ物を食べたいとき

Q1.どうしてもカップラーメンを食べたいとき

A1.野菜たっぷりラーメンにします。

サラダコーナーのカットキャベツを、ラーメンの下に強いてお湯を注ぎましょう。

Q2.どうしても間食をしたいとき

A2. 噛みしめる系が吉。スルメ、酢コンプ、煮干し、ナッツ類など。

Q3.どうしても揚げ物を食べたいとき

A3.食物繊維で脂肪吸収を抑えましょう。

小麦の外皮を使用したブランパン、胚芽パンで揚げ物をサンドします。

まとめ

汁物、おかず、炭水化物を別々に選びます。

食物繊維が多いもの

しっかり噛めるもの

血糖値が上がりにくいもの

を選びましょう。

 

自分一人では難しい方

体質チェック、体質改善

肥満予防、肥満治療

仕事のパフォーマンスを上げたい方の専門クリニックがここにあります。

 

体質改善の情報を希望の方はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40jwg3917z

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.