多血小板血漿(PRP)療法で満足な結果が出ない人の間違った選択

多血小板血漿(PRP)療法という治療があります。

自分の血液を分離し、血小板を多く集めた部分を取り出します。

それを、整形外科のケガの部分や美容・アンチエイジングのために顔やしわに注入します。

頭皮に注入して、発毛を促すことにも利用される再生医療です。

最近では歯科の治療でも行われています。

とくに美容・アンチエイジングでPRPを選んでいる人の中で、効果がなかったという人をよく見かけます。

どうして効果がないのでしょうか。

多血小板血漿(PRP)療法で効果がでない理由

1、PRPを作れないクリニックを選んだ。

2、自分の症状に最適な治療法ではなかった。

多血小板の作り方

鍋をしたときの、アクを思い出してください。

表面にキレイにアクの層が出来て、アクだけをキレイに取り出す。

多血小板を作るのは、そんなイメージです。

 

しかし、アクが散らばっていたり、アク以外の汁や具をすくっているようなすくい方ではよろしくありません。

作り方が上手ではない看護師がいます。

アクだけをうまくすくう=多血小板血漿療法なので、

アクをうまくすくえないなら、少血小板血漿療法になってしまいます。

 

あまり意味がありません。

 

美容クリニックだとたいてい、看護師任せで、PRPの製法についてこだわる医師は少ないのです。

しかも血小板はアクのように鍋の表面でなく、鍋の底にあるような感じで存在します。

血液の上澄みなど取り出したら、多血小板ならぬ、無血小板です。

血小板をより多く取れるスポットを意識しないといけないのです。

症状に合わて期間と回数が決まる

整形外科の場合、2ヶ月で4回程度、ケガの治療で行うことがあります。

にも関わらず美容の治療では、1回だけでそこそこ変わると勘違いされていいます。

(美容クリニックは整形外科の事例を無視して、広告とマーケティングで患者さんを勘違いするように仕向けているのかもしれません。)

 

この治療は、腫れが強くでます。。

そのため、目の下の凹みやクマに対しては、治療後の腫れのためちょうどよくキレイになることがあります。

腫れを利用してきれいになっているだけなので、腫れが引いたら、元のくぼんだ目元に戻ります。

カウンセラーなる人から、血小板で刺激され自分のコラーゲンなどがでて、半年後にすごくキレイになる、半年間効果が続くなど、いろいろなセールストークで営業されます。

 

1回で、効果を求めるなら違う選択肢がありますが、PRP治療の方が単価が高いし、あまり施術の技術の善し悪しがばれないから、がんがん営業されt売り込まれます。

ほかにもっと安くて、技術は必要ですが結果の出る治療がありますが、提案してくれるクリニックは少ないでしょう。

これだけの説明で、美容クリニックに行ってもきれいになれない理由を理解できと思います。

治療法を素人考えで決めてしまう人たち

さらに問題なのは、「今日はPRPを受けにきました」などと発言する患者さんです。

「私のこの症状にPRPは合いますか?」ならまだマシ。

「PRPも含めて、どのような選択肢が考えられますか?」などと聞く人は、まずいません。

 

誤解をしてほしくないのは、PRP治療はとてもいい治療です。

症状や部位によってはPRPが一番の選択肢になることも考えられます。

 

しかし、「○○の治療お願いします。」と言う人は、自分の症状のマッチしていない不適切な治療になってしまいます。

美容クリニックというのは、自己申告で治療する層の人たちが多い場所です。

患者さんの状態を考察するのではなくて、言われたとおりやりたいことをやってあげる物売りサービス業になってしまっています。

 

治療法を自分で決めて、来院する方は残念な結果になることが多いでしょう。

PRP治療だけに関わらず、自己申告で美容医療を受けて効果がなかった人も多いです。

判断基準は、流行りの治療だから、広告で見たから、有名人がやっているから、という点になってしまっています。

 

他の人がよかった治療でも、あなたには合っていない場合もあります。

あなたが本当に結果を求めるのなら、適切な主治医を見つけて、悩み、症状、予算、いつまでにどうしたいかを伝えて、どのような治療方法があるのかを説明してもらいましょう。



Dr 小池
知識は自分を守る道具です^^

-小池コラム

© 2021 小池ぶろぐ