アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

アンチエイジング スポーツ医学 予防医学

介護になりたくないアナタへ

更新日:

人は楽には死ねず、介護が待っている。介護になるとどうなるか、世の人は話が飛躍しすぎるとイメージできない。イメージできなければ、介護になる運命だ。イメージできるであろうか?

  • 「一生一人でトイレいく」という大切さを
  • 「好きなものが食べられなくなる」というつらさを
  • 「自分の足でいきたい所に行けない」という制限を

気の毒な人たちは、想像力がない分際で、こう思っている。

  • 病気は天災のようにいきなりなる
  • 予防、アンチエイジングは何が目的か分からない
  • 病気は病院で治る

知らない方が幸せです。思考の弱い人、心臓の弱い人は、これ以上読まない方がいいでしょう。

介護とは

約620万人

要介護(要支援)認定者数は2015年度

要介護認定の区分と目安

状態区分 身体の状態(例)
要支援1 日常生活はほぼ自分でできるが、現状を改善し、要介護状態予防のために少し支援が必要。

一般的基本的な日常生活を送る能力はあるものの、本人の身の回りの世話に対して一部介助要と認定され、介助者などが関わることで現在の状態を維持しながら、自立への改善が可能性として高く評価されるが、要介護予防のために支援要とされる者。

要支援2 日常生活に支援が必要だが、要介護には至らず、改善する可能性が高い。

立ち上がる時や歩行などにおいてやや安定感を欠くため、入浴などの生活での一部介助要とされるが、物忘れなどがあっても現段階ではあまり生活には支障なく過ごせるが、今後の要介護予防のために支援要とする者。

要介護1 立ち上がりや歩行が不安定。排泄や入浴などに部分的介助が必要。

立ち上がる時や歩行などにおいて不安定感があるため、排泄及び入浴などで転倒防止を配慮するとともに、精神面で物忘れ、思考や感情的な障害が認められる部分を有し、適切な理解力の欠如など見られる者。

要介護2 立ち上がりや歩行などが自力では困難。排泄・入浴などに一部または全介助が必要。

立ち上がる時や歩行などにおいて自力では困難と認められ、排泄、入浴、衣類の着脱などでは既に介助要であり、生活のリズムが掴めない、記憶があいまいで定かではないなどの支障をきたすような状況や、他人とのスムーズな会話などが困難と認められる者。

要介護3 立ち上がりや歩行などが自力ではできない。排泄・入浴・衣服の着脱など全面的な介助が必要。

立ち上がる時や歩行などにおいてほとんど、もしくはまったく自分ではできないため、排泄、入浴、衣類の着脱などすべてに介助要と認められ、また生年月日や自分の名前などがわからなくなる状態にあると判断された者。

要介護4 日常生活能力の低下がみられ、排泄・入浴・衣服の着脱など全般に全面的な介助が必要。

日常の生活能力に対して全般的に低下が見られ、排泄、入浴、衣類の着脱などすべてに介助要と認められ、常態化して意思の疎通が困難となるなど、日常生活に完全に支障をきたす行動が頻繁に見られるようになった者。

要介護5 日常生活全般について全面的な介助が必要。意志の伝達も困難。介護なしでは日常生活が不可能。

いわゆる寝たきり状態といわれるもので、すべての日常の生活全般に全面的な助けが必要と認められ、その理解力にも全般的な低下が認知され、意思の疎通が完全に困難であると判断された者。

介護の三要素

つまり、重視しているのはこの辺りで、介護の度合いが変わります。

  1. 筋力、関節
  2. ボケ
  3. ウンチ・おしっこ

介護になる病気

要介護(要支援)認定者数は2015年度は約620万人

生命保険文化センターHPから引用

介護になる病気 第1位 認知症 462万人

65歳以上の高齢者

平成24(2012)年は認知症患者数が462万人(高齢者の7人に1人、有病率15.0%)

平成37(2025)年は約700万人、5人に1人になる見込み

内閣府HPから引用
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/html/gaiyou/s1_2_3.html

介護になる病気 第2位 脳血管障害(脳卒中) 117万9,000人

厚生労働省発表の「平成26年 患者調査の概況」によると、脳血管疾患の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は

117万9,000人

3種類の脳梗塞

スマート・ライフ・プロジェクトHPから引用

初期の症状

循環器病研究センターHPから引用

介護になる病気 第3位 高齢による衰弱

一般に衰弱とは、

  1. 筋力の衰え
  2. 歩行速度の低下
  3. 活動量の低下
  4. 疲労
  5. 体重減少

の5つの判定項目の中で、3つ以上に該当する場合と定義されています。

どうして病気になるのか?

痛くないから

予防、動脈硬化、生活習慣病、メタボ、肥満、・・・これらは痛くもないし、恐怖もありません。

病気の理解が誤っているから

病気は事故のようなもので、対症療法であっても病院の治療でほぼ完治というイメージがあります。

だから誰も病気にならないような対策をしません。

思考能力が弱いから

いま介護になっている人は大変だと思います。その上の世代は、寿命も今より短かったし、みてくれる人も多かったかもしれません。だから、介護だらけの世の中を想像できなかったのも理解できます。

しかし、介護だらけの世の中だと知っていながら、いま何も対策しない現役世代は愚か者が多い。

もっというと、多くの人が思考能力が弱いから病気になります。

メンタルがショボいから

あるいは、気づいてもいても直視したくないから、なんとなくジムに会費だけ払ったり、健診・人間ドックだけ受けて満足します。

ほしいのは、答えや結果ではありません。ごまかしサービスがほしいのです。

ごまかしサービスは、安心感を買うためのいいサービスです。

自覚している人なら正解。もし自覚もせず、ごまかしサービス、気休めサービスを買っているなら、やはり頭があまりよくありません。

終活

終活について考えたことがありますか。遺産、遺言、医療・介護の方針、お墓、葬儀などについて準備することです。

しかし、

  • 介護になる原因を知らない
  • 介護になってしまう病気を知らない
  • 病気を予防することを知らない
  • 病気になるのは運だと思っている
  • 病気になるのは年が理由だとおもっている

保険や相続に関するサービスしか世の中にはないのです。介護の原因、病気を防ぐサービスは存在しません。

まっているのは不幸です

平均寿命と健康寿命

生命保険文化センターHPから引用

  1. 平均寿命→生きている期間
  2. 健康寿命→日常生活に制限のない期間
  3. 死ぬまでの間の約10年はなんでしょうね?

65歳以上の2人に1人が病気や怪我

平成25(2013)年における65歳以上の高齢者の有訴者率(人口1,000人当たりの「ここ数日、病気やけが等で自覚症状のある者(入院者を除く)」の数)は466.1と半数近くの人が何らかの自覚症状を訴えている(図1-2-10)

内閣府HPから引用

65歳以上の4人に1人が日常生活に制限

平均して10年間、これらが不自由な状態が続いてから亡くなります。

  • 日常生活動作
  • 外出
  • 仕事
  • 家事
  • 学業
  • 運動

日常生活に影響のある者率
(人口1,000人当たりの「現在、健康上の問題で、日常生活動作、外出、仕事、家事、学業、運動等に影響のある者(入院者を除く)」の数)は、25(2013)年において258.2と、有訴者率と比べるとおよそ半分になっている。

まとめ

  • 人間は楽に死ねず、平均10年間は不健康が待っている。
  • 支援・介護が必要な人620万人、今後増えていく
  • 介護になってしまう病気の対策をする人はいない
  • 予防のサービスはほとんど存在しない
  • 介護とは、筋力・関節、ボケ、ウンチ・おしっこの関連が強い
Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-アンチエイジング, スポーツ医学, 予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.