アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

小池が答えます!○○のためには、何を食べたほうがいいですか?

更新日:

○○のためには、何を食べたほうがいいですか?

治療家やセラピストからも、このような質問があります。

一問一答で答えても、意味のない質問です。

 

お腹にいい食べ物は何ですか?

→ヨーグルト

(両手の手のひらサイズにのるくらいの野菜の方がいいと思うが・・・)

 

アレルギーにいい食べ物は何ですか?

→ヨーグルト

(ヨーグルトが売れてるのに、花粉症、アトピーは増えていないか?)

 

美味しい食べ物は何ですか?

→ヨーグルト

(美味しいものは嗜好品で食べればいいのです。)

 

(・・・)で簡単な解説を加えましたが、

セミナーではもっと詳しく述べています。

 

あるあるみたいなネタで満足するような治療家・セラピストは、

セミナーを受けずに帰って結構です。

コンビニのムック本でも買っていた方がいいと思います。

 

また、あるあるみたいなネタで満足するような患者様・お客様しか来ないような治療家・セラピストも同様です。

 

しかし、そうでない方たちは(・・・)にあるような話を聞いて、

自分たちの立場で答えを用意すればいいのです。

 

しょうもない人のために、もう一つ答えます。

 

不眠ためには、何を食べたほうがいいですか?

賢者の快眠というサプリが流行っています。

アスパラガスから取ったETASという成分のサプリです。

ETASはHSP(ヒートショックプロテイン)を増やして、

細胞の修復、保護を・・・以下省略

 

健康被害がなくて、気軽に飲めて、症状が改善するなら

試しに飲んでみることをお勧めします。

しかし、不眠=アスパラガス食べた方がいい、

という発想はおおざっぱすぎないだろうか?

 

就寝前に、

砂糖たっぷりの牛乳?

ココア?

卵入れた甘酒?

好きにして下さいって感じです。

 

賢者の快眠が最近流行っているなら、

(もしかしたら、他にも流行はあるかもしれませんが)

患者や客に、「アスパラガスで安眠」と言って博識なところ見せつけて、

適当に終わらせるのが無難です。

 

その程度の、治療家・セラピストなら。

その程度の、患者や客なら。

 

あるあるネタをどれだけ知っているかが評価される世の中なら、

その世界で生きればいいのです。

 

小池はそんな世界にいたくないし、そんな世界の住人と顔を合わせたくない。

だから、セミナーで以上のような話をしています。

 

共感する治療家・セラピストの先生には、繰り返し聞いていただけます。

そうじゃない人には、とても退屈で単純な答えの聞けない無駄な時間になります。

4月は23日月曜日開催予定です。

参加希望者はFacebookページよりお申し込みください

https://www.facebook.com/events/2060414447539498/

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.