【美人とブス】は逆転する

【この記事の目的】

美人とブスは、ウサギとカメに似ている。あぐらをかきブスになった元美人は、性格もネガティブで、治療も困難になっていることが多い事実知ってもらうため。

美人は、多少シミがあろうが、顔がうぶ毛だらけだろうが、毛穴が広がっていようが、多少メイクするとキレイに見えるし、実際、周りからの扱いも良い。

もちろん肌も体型も性格も、よいまま維持している人もいる。

一方で、自分がダサいと自覚のある人は、改善しようと努力し続ける。すると、ドンドンよくなるので、努力をおこたらない。

90点の美人が手を抜き60点に

60点のダサい人が頑張って90点に

50歳近くなると、痛々しい逆転現象がある。

 

美人はいきなりブスになる訳ではなく、かなり美人要素が減ってからクリニックに来る。ガッカリ感、残念感のオーラが半端ない。

「あー、何もしてなかったのね~。」と思っても言えない。

 

以前も美人で、今も美人はよいですね。ブスだから、ブスとして生きると決定したブスも潔いので、私は好きです!

 

1,美人で今も美人

2,美人で今はブス

3,ブスで今は美人

4,ブスで今もブス

2番が、一番こまるかな。

【このブログは、特定の個人や団体、商品やサービスを非難するものではありません。一部、辛辣と思われる表現を含む場合がありますが、虚偽や錯覚を招く表現があたりまえになっている今の世の中で、正しい情報を伝えるために、やや過激な表現をするほかないだけです。】

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ