医者がこっそり教える|自分だったら【受けたくない手術】【飲みたくない薬】

日本は、「手術」「薬」も誰もが同じ医療を保険診療で自己負担が最小限で受けられる国です。

週刊現代がこのような記事を出しています。

名医たちが実名で明かす「私が患者なら受けたくない手術」

名医たちが実名で明かす「私が患者だったら飲みたくない薬」

小池も、おおむね共通する意見。ただし、時と場合によるかな。

薬はカラダによくないから痛くても我慢している!?


薬は副作用があるから頑なに飲まない人をたまにみかけます。

たとえば、人気の薬に消炎鎮痛剤「ロキソニン」

痛み止め(ロキソニン)はカラダによくないからと言って、痛みに耐えている人が多くいる。

「痛い時に我慢する必要はないけれど、消化管出血や腎不全リスクがあるので、飲むとしても短期に留めている。」

↑これはあっていますが、

↓について分かりますか?

我慢しない方がいい痛みの程度は?

短期って、何日?

常用していると、必ず出血が起きるの?

飲まないと、ずっと痛いんだけど。

痛みを我慢するストレスは考慮している?

痛みで眠れないリスクは?

こういう細かいところまで、行き届く医療って難しいです。

いつも言っていますが、ワンコイン診察でそこまでみられません。

なぜ3分診療なのか?保険診療の仕組み

3時間待ちの3分診療などと言われる。 もっと話を聞いて欲しい。どこに行っても同じ。 なぜ、医者はゆっくりと話を聞いてくれないのか? 国民皆保険医療について知らないと医療に不満だけ 日本の国民皆保険制度 ...

続きを見る

小池は、自分が受けたい治療、自分が飲んでもいい薬しか扱っていません。

薬の副作用のリスクと得られる効果を比べたことありますか?
やみくもに「薬を飲もう」と言っているわけではありません。

薬を使うべき時は薬を上手に使って、対処するほうがいい時があるのです。

医者をワインコインで何でもやってくれると思っている人のことは知りませんが、顧問医師として考えている方には、きちんとお話をしています。

顧問会計士、顧問弁護士はいるのに、健康管理の顧問医師がいない経営者のあなたへ

あなたは何歳まで元気でいたいですか? 子供が成人するまでは。 仕事を任せる人が育つまでは。 80歳までは。 夢がかなうまでは。 あなたの希望の年齢までどれぐらい元気で過ごしたいか? そのための方法をみ ...

続きを見る

自分を大切にする人のかかりつけ医の選び方|みつけ方

あなたにはかかりつけ医がいますか? かかりつけ医をどのように選びましたか? かかりつけ医を考えずに選ぶと危険ということを説明します。 名医5人がこっそり教える危ないかかりつけ医の見分け方 週刊ポスト ...

続きを見る

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-予防医学, 小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ