アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

【マグロ】なぜ妊婦は食べてはいけないのか。知らないと怖い4つの常識。

更新日:

妊婦はマグロに注意

これからママになるアナタへ
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/100601-1.pdf

なぜ妊婦はマグロを食べてはいけないのか。

新聞と動画を見てみましょう。

【毎日新聞2016年11月28日】
メチル水銀 マグロ過食に注意 妊婦から胎児へ影響
http://mainichi.jp/articles/20161128/k00/00m/040/119000c

【水銀の神経細胞に与える影響】

水銀汚染すると、どうなるか。

  • 疲労感
  • 鬱症状
  • 情動不安定
  • 四肢のふるえ
  • 中枢、末梢神経障害(水俣病)
  • 記憶力減退、集中力欠如
  • 免疫力低下
  • アレルギー様症状
  • カンジダ症
  • 心臓血管障害
  • 自閉症

日頃の不調として

  • なかなか覚えられない
  • メンタルが安定しない
  • 風邪を引きやすい
  • アレルギーになる
  • 疲れやすい、力が入らない

分かりやすい病気

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • ガン
  • 免疫疾患
  • 老化促進

どこから汚染されるのか

  • 海産物、魚、大型魚
  • アマルガム(昔の銀歯)
  • チメロサール(ワクチンに含まれる)
  • 殺虫剤、防カビ剤、水質汚染、塗料
  • 水銀温度計、加工食品

水俣病で人が亡くなりましたが、魚の水銀濃度は0.4ppmとされています。

皆さんが口にする大型の魚は1.0ppmというのもあります。

なぜか、マグロはあんまり登場して悪く言われません。忖度(そんたく)な感じ? ↓↓

どうしたら防げるのか。体に取り込まない

  1. 普段からデトックス効果を高める
    排便、排尿、汗をかく、デトックスサプリなど
  2. 体内に含まれる水銀の量を調べる。
    (検査できる医療機関は限られます。検査は痛くありません。)
  3. デトックス、キレーションの専門のクリニックにかかる。
    (これも痛くありません。)

アナタの体調不良は、水銀などの有害金属のせいかもしれません。

体質改善して、元気になりましょう。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.