アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

予防医学

【高血糖】が3分で早わかり!血糖値が気になる忙しいビジネスマンへ

更新日:

パンダのぽっちゃり後ろ姿に共感したら

あなたも高血糖かも!?

当院でも扱う健康マガジンのご紹介。

What's "KO-KETTO" ?

 

1.そもそも血糖ってなに?

血液期中のブドウ糖(グルコース)のことです。

体を動かすためのエネルギー源おいて体で使われます。

肝臓、筋肉、脂肪組織に取り込まれて、エネルギー不足の時に利用田できるよう貯蔵されます。

2.高血糖って、どういう状態のこと?

空腹の時の血糖値が、100mg/dL以上のことをいいます。

3.高血糖だと何が悪いの?

食べたものによって、血糖値はとても上がりますが、

空腹時血糖値の以上は「糖尿病予備群」です。

4.高血糖、指摘されても症状がなければ放っておいていい?

高血糖は糖尿病のみならず、万病の元。放置はNGです!

自覚症状がないだけで、放置すると糖尿病に発展。

そればかりか、ガンや認知症のリスクが高まります。

5.高血糖、指摘されたことがなければ大丈夫?

健診(空腹時血糖)は高くなくても、食後高血糖、グルコーススパイク、機能性の高血糖という血糖値が「ガンと上がって、ガクッと下がる」状態は血管にとてもダメージになります。

油断してはいけません。

6.血糖値、どうすればすこやかになる?

食事の見直しと運動。これに尽きます。

食事に含まれる炭水化物(糖質+食物繊維)の摂り方や、量の見直し、運動が大切です。

自分では、

食事を気をつけてもダメ、

運動してもダメ、

病院にかかってもダメ、

薬の力で血糖値を操作しているのでは、治らない事も多いです。

 

その理由は、あなたの体質にあります。

 

体質チェック、体質改善、血糖値のコントロールで仕事のパフォーマンスを上げたい方は、ご相談下さい。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.