アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

アンチエイジング

【ボトックス注射】まとめ

更新日:

冒頭

ドクター小池から

菌は怖いから、ボトックスは結構です!

Dr 小池
正確には菌そのものではありません。納豆も菌、ヨーグルトも菌、キノコも菌とおっしゃいますか?

ボトックス、名前はいかついが、一人何役?

Dr 小池
色々できるヒアルロン酸と同じく、しわ、小顔、足やせ、ワキ汗、などにつかえます。

ボトックスで表情が固まった!

Dr 小池
有名人の「鉄仮面みたいなシワ取りボトックス」のことですか?そうならないコツがあります。

ボトックスとは?

ボトックス(botox)とは、A型ボツリヌス毒素から抽出した、毒性のない製剤(毒性のないA型ボツリヌストキシン)の事で、筋肉を弛緩させる作用があります。

これをしわの筋肉に注射することにより、筋肉が弛緩、それを補うように周囲の筋肉が皮膚をひっぱる事により、しわが消え、効果が持続する間はしわが出来にくくなります。

施術にかかる時間も短く、アレルギーなどの副作用もほとんどないため、人気の高い治療です。個人差はありますが、だいたい2~3日で効果が出始め、3か月程度続きます。年に3~4回の注入がお勧めです。

ボトックスの効果

シワを作る筋肉の動きを弱め、シワができにくい状態になります。筋肉の束を細くして、ふくらはぎや顔を小さくします。筋肉の麻痺を利用して、目元や口元の軽いリフトアップや、目を大きく見せる効果があります。サーマクールやリードファインリフトなどにボトックスを併用することで、より満足度の高い治療ができます。

ボトックスでできること

ボトックスは、表情筋との接合部に作用し表情筋の動きを止めます。表情筋は、顔の表情を作る重要な筋肉ですが、あまり頻繁に動くと動かしたところがしわになってしまいます。ボツリヌス菌の毒素で表情筋の動きを鈍らせることにより、しわをできにくくします。

注入するだけで若々しいお顔に

  • 額:額のしわを解消し、ツルツルの額になります。
  • 眉間:眉間の縦ジワを解消します。
  • 眉毛:上がりすぎや下がりすぎのまゆを調整します。
  • 目じり:笑いジワ、カラスの足跡を解消します。
  • 目の幅:目の縦幅を大きくし、パッチリした目になります。
  • 鼻の横じわ:笑った時にできる鼻の上の横じわを解消します。
  • 小鼻:横に広がった小鼻を小さくします。
  • フェイスライン:エラを細くして小顔になります。
  • あご:あごのラインをシャープにします。
  • あごのシワ:あごにできる梅干しのようなシワを解消します。
  • 脇の下:脇の汗を減らし、臭いも減少します。
  • ふくらはぎ:筋肉質なふくらはぎを細く美脚になります。

しわはなぜできるの?

顔のしわの多くは、微笑む、笑う、顔をしかめるなど、表情の変化によって顔の筋肉を繰り返し動かすことによって出来てゆきます。

肌が若い間は肌内部のコラーゲン層に弾力があり、しわを「押し戻す」力がありますが、加齢によりこの力が弱まることで、だんだんしわが目立つようになってきます。

しわは加齢により誰でも自然にできるのです。

しわは文字通り、治療しなければ徐々に深くなり、シワグセが付くようになってゆきます。しわは浅いうちに、早め早めの治療が効果的です。

ボトックスが効果を発揮するしわ

ボトックスは全てのしわに効力を発揮するというわけではなく、顔の「表情筋の影響」によってできる表情ジワに限られます。

(笑ったときに出来る目尻のしわ、悩んだり困ったときに出来る眉間のしわ、目を見開いたとき・眉毛を上に上げたときに出来るおでこのしわ、あごの梅干のようなしわ、への字口・口角がさがっている方など)

ボトックスで効果がないしわは、無表情のときにも刻まれているしわです。(ほうれい線など)ボトックスは、全てのしわに効力を発揮するわけではありませんが、気になるしわに効力を発揮します。

ボトックス注入(ボトックス注射)はこのような方におすすめです。

  • 細かい表情じわが気になる
  • 眉間のしわを消したい
  • ほうれい線が気になる
  • 小じわ、しわが気になる

ドクター小池クリニックのボトックス治療

  • ドクター小池クリニックでは、厚労省・FDA認可の安全なボトックスビスタを使用しています。
  • ボトックスビスタはアラガン社の講習・実技セミナーを受講し、有効性・安全性ならびに薬剤の取り扱いについて十分理解している医師だけが施術を行います。

薬剤につきまして

BOTOX VISTA(ボトックス ビスタ)

メーカー:Allergenpackage.jpg
製造国:アメリカ(アイルランド)
承認:FDA承認・日本厚生労働省承認

BOTOX(ボトックス)は、ボツリヌス菌が生み出す毒素を精製した薬剤の商品名であり、“BOTOX”は、米国アラガン社(Allergen)の登録商標です。ボトックス注射の有効成分であるA型ボツリヌス毒素は、ボツリヌス菌(Clostridium Botulinum)によって産生されるもので、一時的に筋肉の働きをブロックしシワをできにくくします。

BOTOX(ボトックス)はもともと、眼瞼痙攣などの神経学上の症状を改善する製剤として1989年にFDA(米国食品医薬品局)に承認され治療に使用されてきました。その後、眉間のシワ治療薬としてFDAに承認されてから美容目的での使用が増え、メスを使わないプチ整形のシワ取りとして広く利用されるようになりました。

日本国内向けの正規品につきましては、2009年に厚生労働省より承認を得ています。当院では、適切な保管・運送体制が保証された、日本国内向けの正規品である「BOTOX VISTA」(ボトックスビスタ)を、アラガンジャパン株式会社より直接購入しております。

リジェノックス

メーカー:ヒューゲル社
製造国:韓国
承認:韓国KFDA(KFDA:Korea Food and Drug Administration(韓国食品医薬品安全庁)の略称→日本の厚生労働省に相当します

リジェノックス(海外向けRegenox 韓国国内向けBotulax)

韓国のヒューゲル社が開発し、ハンス バイオメド社が販売する、従来品との比較臨床治験が行われたボツリヌストキシン製剤です。ヒューゲル社はヨーロッパGMP基準で設計されたバイオ施設を有し、KFDAなど3者からGMP基準を満たしていることを認証されているバイオベンチャーです。

また、リジェノックス(Botulax)は、臨床治験を行わないジェネリック(後発医薬品)ではなく、第III相臨床治験まで韓国で正式に実施され、従来品と同等の効果を有することがKFDAにより認可された安全性の高い生物製剤です。当院では韓国より航空便にて直輸入しています。

ボトックスビスタは厚労省認可の薬剤

ボトックスはデリケートな薬剤

2009年2月に厚生労働省の承認がおり、日本国内での発売が開始された「ボトックスビスタ」が美容医療界で普及しています。ボトックス注射に使われるボツリヌストキシン製剤は、今まで全てが輸入でまかなわれており、正式に日本で発売されました。「ボトックスビスタ」は、日本人での有効性・安全性も確認されています。

(アラガンジャパンHPより→こちら)

従来のボトックス注射の製剤は日本では未承認であったわけですが、レーザーや光などの美容機器やボトックスのような製剤は、そのほとんどが外国のメーカーが開発したもので、それらはFDAの認可がおりているかどうかが1つのポイントとなります。

FDAとは、日本の厚生労働省のような役割を担っている、Food and Drug Administration of the United States Department of Health and Human Service(米国食品医薬品局)です。審査が非常に厳しく、FDAでの認可は世界が認可したのと同様といわれており、美容医療界ではFDA認可が重要視されています。

同じなのに違う?!「ボトックス」と「ボトックスビスタ」

日本でも、アメリカでも認可

ボトックスビスタは、ボトックスと同様、アラガン(アメリカ)から輸入していますので、「ボトックス」と「ボトックスビスタ」中身の違いはほぼありません。ですがその品質には大きな違いがあります。ボトックスは非常にデリケートな薬剤。輸送過程での保管温度や衝撃に非常に弱く、-5℃での保管が必要です。

「ボトックス」は個人輸入によって海外から届きますのでその管理体制は保証されていませんが、「ボトックスビスタ」はアラガンジャパンが責任を持って、厳密な品質管理体制で輸入されますので、鮮度・品質が保証されています。鮮度・品質が落ちた薬の効果は半分以下といわれています。「ボトックス」治療をお考えの方は、パッケージの日本向けマーク・日本語表示を確認してください。

リジェノックスは大丈夫?

日本でも韓国でも多数の症例があります。リジェノックスは、ボトックス(アラガン社)と同じA型ボツリヌストキシン製剤です。2006年にKFDA(韓国食品医薬品安全庁)の認可を得て世界30カ国で使われ、日本国内でも多数の症例があります。

Q&A

ボトックス注射とフォトフェイシャル等の治療を併用して行っても大丈夫ですか?

可能です。ボトックス注射はコラーゲンが更に増えるといわれておりますので、相乗効果により、施術の効果を一層引き上げることが可能です。

ボトックス注射の副作用は?

ボトックス注射は、眼科などで痙攣の治療に20年以上前から使用されており、重篤な副作用のない薬としてFDAでも認められています。 又、繰り返して治療を行っても問題がないといわれております。

ボトックスの持続期間は?

額や目元のシワに関しては、個人差はありますが、3ヶ月~6ヶ月程度です。エラのボトックスは、特に硬いものをよくかんだりしなければ1年ほど効果があります。他の部位が1週間以内で効果が現れるのに対し、エラのボトックスは1ヶ月ほどかかります。

ボトックス治療後の注意点は?

特に注意点はありませんが、顔にボトックスを打った場合、4時間程度は横にならないでください。また、1時間に1回程度目をパチパチさせるということを4時間行ってください。問題がなければ直後からメイク可能です。 当日の洗顔・入浴は可能ですが、治療部位をゴシゴシこすらないようにしてください。

ボトックスは痛いですか?

痛みはチクチクとする程度で、短時間なくなります。骨に近い部位は、比較的痛みが大きいようです。
脇ボトックスをすると汗をかかなくなるのは本当ですか?
ボトックスは脇に注射することで、交感神経終末からのアセチルコリンの放出を抑制し、アセチルコリンの支配下にあるエクリン腺からの汗の排出を抑えます。これは4〜6ヶ月程度効果が持続します。脱毛と併用することで非常に効果があります。

ほかの関連ブログ

『10歳以上若返る50のキーワード』

噂?の小顔矯正

歯ぎしりって治るの?

他のボトックス治療について

治療を受けられるクリニックと料金

ドクター小池の治療を受けられるクリニックと料金

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-アンチエイジング

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.