アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

予防医学

料理につかう【油の種類】これだけおさえれば十分な3つの結論

更新日:

どこよりも簡単に食用油について

3つの結論を用意しました。

面倒くさい人は、一番下まで飛ばして下さい。

 

予備知識

油は、まず2種類あります。

飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

何が飽和なのか?

 

まず

炭素は手が4本

酸素は手が2本

化学式のお話です。

この理科の話が分からない人は、

炭素の二重結合がない【飽和】

炭素の二重結合がある【不飽和】

も分からないので、無視して大丈夫です。

ざっくりいうと、

常温で個体なら【飽和】

ラード、バター、ココナッツオイルなど

常温で液体なら【不飽和】

それ以外の主な油です。

 

【飽和脂肪酸】

ラード、バター、ココナッツオイルなどですが、

動物性は取り過ぎると悪いと言われます。

 

ココナッツオイルも

飽和脂肪酸だからよくないの?

 

飽和脂肪酸の中にも

長鎖、中鎖、短鎖と長さで分けます。

 

この【中鎖脂肪酸】は、すぐにエネルギーで

使われてよいとされます。

だからココナッツオイルはOK

 

【不飽和脂肪酸】

【不飽和脂肪酸】は、少しややこしく、

ω3、ω6、ω9と種類があります。

(トランス脂肪酸も含む)

3、6、9というのは、

不飽和脂肪酸の特徴が

構造式の何番目にあるか、ということです。

これも無視しましょう。

 

【ω3】オメガ3脂肪酸

EPA、DHA、アルファリノレン酸が豊富な

青魚の魚油、えごま油、しそ油、亜麻仁油、

【ω6】オメガ6脂肪酸

リノール酸が多い油

紅花油、コーン油、ひまわり油、サラダ油、グレープシードオイル、大豆油

【ω9】オメガ9脂肪酸

オレイン酸が多い油

オリーブオイル、キャノーラ油、なたね油、ごま油

【トランス脂肪酸】

食べるプラスチック、狂った油などと言われる・

マーガリン、コーヒーフレッシュ、精製植物油など

外国ではゼロ目標が常識。

トランス脂肪酸は

医学的には、よくないとされる論文多数。

日本では、少なければ問題ないという、国と企業の風潮です。

 

飽和、不飽和、ωをそれぞれ

何対何対何で取るのがいいとか言うが、無視。

 

結論

1.トランス脂肪酸ゼロ目標

 

2.オリーブ油がいいから、

ごま油がいいから、

ココナッツオイルがいいから、と偏らないこと。

 

3.放っておくと、

だいたいω3が少なくなるので

積極的に摂取する。

理想通りでなくとも、

これだけ意識するだけで、大きく違います。

 

ちなみにアナタの体が

どの油で出来ているか確かめられます。

 

確かめるために、

LINE@からお問い合わせ下さい。

LINEを使っていな方は、お問合せから

確かめておないと、動脈硬化、ぼけの手前で、

手遅れになることがあります。

https://line.me/R/ti/p/%40jwg3917z

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.