【介護高齢者】が増え続ける4つの理由と介護にならないための5つの対策

介護高齢者が年々増え続ける理由

1.高齢者本人が、老化に関する知識が足りない

2.高齢者を親に持つ子供達が、老化に関する知識が足りない

3.高齢者をトータルで診てくれるところが少ない

4.そもそも、社会構造でしょうがないのかも?

高齢者が介護にならないようにトータルでケアするところがない。本当の情報も少ない。

介護が必要にならないために、自分の体は自分で守るという意識を持って過ごすだけでも変わるはずです。

脳への刺激は足りていますか?

頭脳は大丈夫ですか?

長谷川式認知症スケールというのがある。(この長谷川先生が認知症になったとテレビで見ました。)

家でも出来るので、試してほしい。

もし、呆け気味なら脳刺激が足りないかもしれない。

どうしたらいいか、専門家の意見を聞きましょう。

私の父も高齢者だった。80代半ばまでは、友人といつ、どこに、何をしに、何を着ていくか、そんなことを自然と考えていたようだ。

しかし、周りの友人が先立つと、やはり呆けが目立ってきてしまった。

認知症予防には日々の生活の中での刺激が大事です。人と関わること、自分で考えて行動することが脳への刺激になります。

もう歳なんだからといって行動を制限することは、老化を早めることになります。

2020年、コロナ禍で引きこもりがちな高齢者が増えました。お盆休みの帰省も自粛で、高齢者にとって刺激が減っているようです。

ますます、介護高齢者が増えてしまうのではないでしょうか。

長谷川式認知症スケールPDF

認知症予防に歯も関係する

歯は大丈夫ですか?

食事を楽しむためにも、栄養を吸収するにも歯は重要。

よく噛む、食事を楽しむことで脳が刺激されます。食べることは生きること。

体への栄養補給は噛んで唾液と食べ物が混ざり合うことからスタートします。いくら栄養素を流し込んでも吸収できなければ意味がないのです。

噛んで、飲み込むこと。この当たり前のことを意識してください。

食品を噛んで飲み込むために、80歳で20本の歯を残すことが目標とされています。

よく噛むだけでパフォーマンスをあがる8つの理由【疲れにくいカラダを作る豆知識】

食事を『よく噛む』にフォーカスした標語 「ひみこの歯がいーぜ」 子供向けの標語ですが、 自分を大切にする人に全員あてはまることです。 よく噛むことで得られるメリット ひ 肥満を防ぐ み 味覚の発達 こ ...

続きを見る

歳をとったから目が見えにくくてもしょうがない?

眼は大丈夫ですか?

糖尿病の失明以外に、失明原因4位の【加齢黄斑変性】をご存じですか?

高齢者ですから、症状を訴えてくれないと、視野視力が衰え外界の刺激がより減ります。

また、眼瞼下垂により視野が狭くなります。

階段をおりるのが怖い。足元がおぼつかない。そんな感覚が出てきたら転んで怪我をする前に顧問医に相談しましょう。

健康寿命の意味を知らない80%|病気にならない予防対策していない人70%

平成26年の厚生労働白書によると、「人は知識がない」とも取れる内容が盛りだくさんだった。 https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/14/ 健康寿命を知っていま ...

続きを見る

医師との連携がとれていない

70代になって、医者にやせろと言われ、寒天だけ食べているひもじい高齢者もいるとか?そんな噂をきいたことがあります。

血圧の薬、コレステロールの薬、血糖の薬、胃薬など、たくさん飲んで具合悪くなってる高齢者いませんか?

なんの薬だかよくわからずに飲んでいませんか?

医療保険制度を圧迫し、病気が治らない【薬漬け】が起きる6つの理由

先日、女性向け恋愛書籍を出している女性の精神科の先生とお話をする機会があった。 精神科でもやはり患者様に多くの薬を出す傾向があり、減らすと具合がよくなって、なかには1種類で大丈夫だった人もいます。とい ...

続きを見る

高齢になっても元気でいるためには?

目黒では、高齢者の憩いの場としてのカフェが流行っているそうです。

髪も化粧も手入れされ、服装もオシャレな高齢者もいます。

地域差もとてもありそうです。

お洒落な友人はいらっしゃいますか?年齢を感じさせない行動的な友人はいらっしゃいますか?

もう歳だからといって、地味に過ごすことはありません。

小池の医療は最後まで自分でトイレに行くことを目標にしています。

将来に介護になりたくないから、ご自身の体のメンテナンスをしています。

自分の体の状態を理解してケアできるのは自分だけです。長生きしたいわけではなく、自分でなんでもできる状態で生きていきたい人のための医療です。

介護が必要な体になってから、少しでも快適に介護されたい医療とは大きな違いです。

介護されるのはいやだと思っているあなたへ

人は楽には死ねず、介護が待っている。介護になるとどうなるか、世の人は話が飛躍しすぎるとイメージできない。イメージできなければ、介護になる運命だ。イメージできるであろうか? 「一生一人でトイレいく」とい ...

続きを見る

自分を大切にする人のかかりつけ医の選び方|みつけ方

あなたにはかかりつけ医がいますか? かかりつけ医をどのように選びましたか? かかりつけ医を考えずに選ぶと危険ということを説明します。 名医5人がこっそり教える危ないかかりつけ医の見分け方 週刊ポスト ...

続きを見る

Dr 小池
医師の本音の話をきいて何を感じましたか?

LINE「@dr.koike」でも検索ができます

自分の幸せは真剣に🙄 |お問い合せはお気軽に😆

-予防医学, 小池コラム

© 2020 小池ぶろぐ