アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

予防医学 小池コラム

【介護高齢者】が増え続ける4つの理由

更新日:

介護高齢者が年々増え続ける理由

1.高齢者本人が、老化に関する知識が足りない

2.高齢者を親に持つ子供達が、老化に関する知識が足りない

3.高齢者をトータルで診てくれるところが少ない

4.そもそも、社会構造でしょうがないのかも?

 

ある方からの話

ある会社で12月にボーナスをもらって辞めてしまう人が多いとのこと。

「そんなに、次行くところがゴロゴロあるのか?」と尋ねると、「親の介護のため」という話だ。

高齢者が介護にならないようにトータルで見てくれるところがないように思います。

脳への刺激

頭は大丈夫ですか?

長谷川式認知症スケールというのがある。(最近この長谷川先生が認知症になったとテレビで見ました。)

家でも出来るので、試してほしい。

もし、呆け気味なら脳刺激が足りないかもしれない。

どうしたらいいか、専門家の意見を聞きましょう。

私の父も高齢者だった。80代半ばまでは、友人といつ、どこに、何をしに、何を着ていくか、そんなことを自然と考えていたようだ。

しかし、周りの友人が先立つと、やはり呆けが目立ってきてしまった。

孫を積極的に会わせてくれる子供達もいるわけでもないし。孫が多くいても、祖父母と会うよりもネットゲームでしょうし。

認知症予防に歯も関係する

歯は大丈夫ですか?

60歳くらいにだいたいの歯がないと、

80歳で20本の歯を残すことも難しいのでは?

歳をとったから目が見えにくくてもしょうがない?

眼は大丈夫ですか?

糖尿病の失明以外に、失明原因4位の【加齢黄斑変性】をご存じですか?

高齢者ですから、症状を訴えてくれないと、視野視力が衰え外界の刺激がより減ります。

医師との連携がとれていない

70代になって、医者にやせろと言われ、寒天だけ食べているひもじい高齢者もいるとか?

血圧の薬、コレステロールの薬、血糖の薬、沢山飲んで具合悪くなってる高齢者いませんか?

信頼してかかっているお医者様なんですよね?でしたら、信じて従いましょう。

もし、困ったら相談して下さい。

高齢になっても元気でいるためには?

目黒では、高齢者の憩いの場としてのカフェが流行っているそうです。

墨田区にも、高齢者歓迎のカフェがあるが、あまり行く人が多くないとか。地域差ありますよね。

顔はしわが多く、足もやや悪そう。しかし、髪も化粧も手入れされ、服装もオシャレな高齢者もいます。

だいたい、見かけるのは特定の地域。

地域差もとてもありそうです。

ドクター小池クリニックでは、将来に介護になりたくない方がいらっしゃって、ご自身の体のメンテナンスをしています。

あるいは介護疲れにならないように、ケアをされています。

また、そういう方には高齢者の状態チェック項目もご説明しています。

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.