アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

【パフォーマンス向上】専門職のあなたが40歳になったら必要な顧問医師

若い時は、寝ないで学び、仕事漬けでがんばれたのに、40歳を過ぎるとカラダや気力がついてこなくなる時があります。

一番パフォーマンスをあげたい時期にカラダや気力がついてこなくなる前に、カラダのことは任せられる顧問医を見つけましょう。

税理士、会計士、弁護士の顧問はいるのに、医師の顧問がいないなんておかしいと思いませんか?1番の財産はあなたの健康ではないのでしょうか?

小池の考える専門職とは

本来、仕事は何であっても専門職のはずなのですが・・・

  • 一般的に世の中で、専門性の高い方
  • 専門職とは言われないけど、その分野に長けている方

そういう方を、専門職と呼ぶことにしましょう。

専門職の人の特徴

何かしらの技能を選択し集約してきたから、そのスキルを培ったと言えます。

ですから、自分の専門外のことは知らないことは大いにあるとも自覚しています。ソクラテスの言う「無知の知」ですね。

40歳ぐらいになると自身のキャリアが成熟し、知識や経験、人脈などの環境が整ってきます。これからが自分の本番だ!という時期です。

しかし40代以降になると、若い頃のように、カラダが無理をできなくなります。

カラダのことなどあまり気にせず、無理をしながらも自分の専門分野のスキルを培ってきたツケが回ってくるタイミングなのです。

よくある落とし穴

カラダのこともそろそろ考えようと思っても、今までそんなことを考えたこともなかったため、自分のカラダをメンテナンスするところがみつかりません。

体調がすぐれずに病院に行っても、明らかな病気がなかったら何もしてもらえません。

ジムに行っても、忙しくなかなか通えなく会費だけ払って終わりです。整体や鍼灸に通ったりもしますが、メンテナンスが間に合いません。

そして、仕事ややりたいことは山積みで、カラダは調子の悪いままで治りません。

体調が優れなくても、休めなく我慢してがんばります。

自分のカラダと仕事の忙しさ、日常生活を相談できる専門家が近くにいないのです。

顧問医という対策方法

そういう方は、顧問医を見つけましょう。

海外セレブには必ずと言っていいほど顧問医、コンシェルジュドクターと契約しています。日本で言うところの、かかりつけ医とはまったく違います。

日本にもエグゼクティブ向けに、顧問医として未病の健康管理をしている医師がいるのを知っていますか?

アナタが心療内科に行こうが、泌尿器科に行こうが、皮膚科に行こうが、あなたのことを全体的に把握し、その情報を集約して、生活や性格や都合にあわせて医療的な指示をだし、必要があれば適切な科を紹介できる司令塔ドクターです。

時間的にも、生活習慣的にも外食しかできない人に、食生活を改善しましょうというだけでは改善できなくて当然です。

忙しい人、運動が嫌いな人に、運動しましょうというだけのアドバイスでいいのでしょうか?

自分を大切にする人のかかりつけ医の選び方|みつけ方

あなたにはかかりつけ医がいますか? かかりつけ医をどのように選びましたか? かかりつけ医を考えずに選ぶと危険ということを説明します。 名医5人がこっそり教える危ないかかりつけ医の見分け方 週刊ポスト ...

続きを見る

普通の人が考えがちな最高の医療

普通の人はこのように考える人たちです。

  • ホテルみたいな病院で年一回、全身CT被爆、MRIをうけて、病気がみつからなくて良かったと安心する。
  • 薬をいっぱい出してくれる。診察しなくてもいつもの薬だけ待ち時間が短く処方してくれる。
  • 子供の保険で、自分の薬も処方してくれる。

私が言ったような医療内容のイメージがきっと湧かないでしょう。

【人間ドック】を受けない小池の理由

健康診断、人間ドックを受ける目的が分かっていない人が9割です。 受けて安心するだけです。 サービスを提供する方も分かっているから、サラッと流して終わり。 毎年受けて満足している人の中に、相当数おろかな ...

続きを見る

【ドクター小池】アンチエイジングドックに行く 結果は・・・

自分がドクターでも他のドクターによる視点が大切です。 そこで アンチエイジングドックに行ってきました。 体組成、筋量、骨密度、血管年齢など。 ムキムキゴリマッチョではないけど、問題なし。 採血は100 ...

続きを見る

おすすめの医療とは

一般には顧問医という考え方がはやっていません。当たり前ですね。

日本では、病気になれば「安く」病院にかかれます。正確に言うと、病気になって初めて相手にしてもらえます。

今現在、病気に向かっているかもしれない真っ最中であろう時は、相手にしてもらえない。これが日本の医療制度です。

病気とは言われていないし、病名もハッキリしないけど、体の調子がわるい状態があります。不定愁訴といいます。

あなたのことをよく知らない医者に保険診療のガイドラインで「精神的な問題ですね」と、睡眠薬出されたり、精神科、心療内科を紹介されるケースがあります。

保険の範囲内で、安くコンビニ受診しているのですから、あまり不満を持たないで下さい。顧問医はとても少ないですが、きちんと見てくれる医療機関を探しましょう。

医療保険制度を圧迫し、病気が治らない【薬漬け】が起きる6つの理由

先日、女性向け恋愛書籍を出している女性の精神科の先生とお話をする機会があった。 精神科でもやはり患者様に多くの薬を出す傾向があり、減らすと具合がよくなって、なかには1種類で大丈夫だった人もいます。とい ...

続きを見る

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学, 小池コラム

Copyright© 小池ぶろぐ , 2020 All Rights Reserved.