アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

お客様の声

小池クリニックで治療をして頂いた、お客様からの手紙はこちらです。

小池クリニックへのファンレター

【危ない食品添加物】「リン酸塩」が入ってる食べ物はこれだ 血管を詰まらせ、骨が脆くなり、腎臓にもダメージが!

あなたが日常的に「毒性(リン酸塩)」のあるものを食べているとしたら?
そして、医師であるわたしが毒性(リン酸塩)のものを「なるべく避けて」日常を生活しているとしたら?

どう思いますか?

「えー!ずるい!」
そう思われる方も多いと思います。
ですがこれは経験によって得た知識なので仕方ないかと思います。

ですが、このブログでリン酸塩について私の見解をご紹介します。

わたしがコンビニやスーパーを避ける理由

リンを非常に避けたいからですが、以下の食品類が多くあるからです。

リン酸塩に限らず、多くの添加物が使用されているものが多いからです。

添加物はいいのか、悪いのか、という話をする人がいますが、そういう考えを持つ必要はありません。

添加物は世の中に必要だから存在します。国(消費者庁)は気にしなくていいと言っているのですから、気にせず添加物食品を食べたらいいと思います。

添加物のセールスマンも、経済を豊かにし、世の中に役立つ添加物をたくさん普及しました。しかし、自分の子供が食べるのは堪えられなかったそうです。

あなたは、どう考えますか?ドクター小池はこうです。

気にしたくない人は気にする必要はありません。逆に気にしすぎて、ストレスに感じてしまうことも、あまりいいことではありません。

ドクター小池のような考え方を普段からしていると、なぜか不思議とストレスなく自然と添加物の方から避けていきます

理由はよくわかりませんが、実はあまり考えて行動する必要がありません^^

添加物は気にしなくていいと消費者庁は言っている

食品添加物 | 消費者庁
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/food_safety/food_safety_portal/food_additives/

ここを読めば分かります。

食品添加物のセールスマンは自分の子供たちに食べさせたくないものを作っていた

安部司 公式ホームページ
http://www.abetsukasa.com/

添加物に関わる仕事に従事していた安部司さん

現在は、無添加食品の開発や伝統食品の復興、有機農産物の販売促進に取り組んでいます。

食品添加物の現状、食生活の危機を訴えた「食品の裏側」(東洋経済新報社)は中国、台湾、韓国でも翻訳出版され、70万部を越えるベストセラーとなっています。

書籍の中で、安部司さんはこう言っています。

食品添加物のセールスマンとしてすぐれた成績を上げていたが、ある日、自宅の食卓に自分が開発に関わったミートボールを発見し、自分の子供たちに食べさせたくないものを自分が作っていたということに初めて気がつき、愕然とした。

特にどういった食品類を避けているか

週刊現代のような週刊誌で、時々添加物について取り上げられています。

自分から情報を取りに行きましょう。そうすると頭にすんなり入ります。

このブログでリストアップして並べても、すぐ忘れてしまいますので。

一つだけコツがあります。

食品の裏書きをみましょう。

聞いたことがない、化学物質のような名称がありませんか?

その化学物質は食卓にありますか?

あなたのお母さんは、子供のために食事にそれを混ぜていましたか?

その化学物質が気になる場合に避ける程度でよいと思います^^

日常的にあなたは毒を食べている?

毒を盛られなくても、日頃毒が盛られているような状況です。

世の中には、酒とタバコくらいしか毒はないと思っている人たちが大勢います。

ぱっとあげるだけでも、

  • 糖質
  • グルテン
  • カゼイン
  • 糖化
  • 酸化
  • ストレス
  • 有害金属
  • トランス脂肪酸
  • アルコール
  • 過食・肥満
  • 喫煙
  • 運動不足
  • があります。

週刊現代 2017年 11/4 号

危ない食品添加物「リン酸塩」が入ってる食べ物はこれだ

血管を詰まらせ、骨が脆くなり、腎臓にもダメージが!

添加物により【リン】が増えると、【カルシウム】が吸収できなくて、骨がもろくなります。

【リン】と【カルシウム】ふえると、血管が【石灰化】して【動脈硬化】になりやすくなります。

 

小学生的な表現ですが、分かりやすく言うと、血の巡りが悪くなり、頭や心臓、代謝が悪くなります。

 

体のどこを切っても血が出ますよね?

血管はそれくらい隅の隅まで、行き渡っているのです。

その血管や体に障害を起こし、苦しい病気に見舞われます。

 

水銀やカドミウム、ヒ素というようなものは【有害金属】と言われています。

【リン】も沢山ある【有害金属】の一つです。

 

病院で【リン】の値を測ってもらったことがありますか?

 

もしみなさんが、測ったことがないなら、医者はこう考えています。

 

「危ない食品添加物「リン酸塩」が入ってる食べ物はこれだ血管を詰まらせ、骨が脆くなり、腎臓にもダメージが! 」

このことは知らない

このことはウソである。

このことは知っているが、患者に言ってもしょうがない。

 

さあ、みなさんの主治医は、どのパターンの先生ですか?^^

個人の見解がもっと聞きたい方へ

【リン】以外にも、やばい毒は、日常生活でてんこ盛りです。

本当は「毒性」を感じて小池が避けているすべてをお話したいのですが、インターネットでの一般発信はできません。

  • 【リン】の特殊検査を受けたい方
  • もっと毒性の食品の具体例を聞きたい方

は、ドクター小池に直接質問してください!

Dr 小池
正しい情報と手段を手に入れて、安心と幸せな日々を手に入れましょう!

「@dr.koike」と検索して頂いてもご登録頂けます。

-予防医学
-, , ,

Copyright© 小池ぶろぐ , 2020 All Rights Reserved.