アンチエイジング~慢性疾患まで対応の血液クレンジング

小池ぶろぐ

「 月別アーカイブ:2017年11月 」 一覧

予防医学 小池コラム

牛乳がカラダに悪い5つの理由【疲れにくいカラダを作る豆知識】

2018/8/15  

Dr 小池牛乳が好きなら飲んだらいいと思う。学校の給食で出るなら、反発するのも面倒なので飲んだらいいと思う。乳製品は、チーズやケーキ、洋食に何でも入って美味しいから、食べたらいいと思う。しかし、牛乳が ...

no image

予防医学

【ニキビ】のある顔はビジネスマンにはマイナス、ニキビが治らない5つの原因

2018/7/26  

ニキビのある肌は 人からよく見られません。 本人もイヤですよね。   しかし、 皮膚科のお薬や ニキビ化粧品プロアクティブなどを使って、 ダメならあきらめている人が大半です。   ...

no image

アンチエイジング

【こわもて患者】がドクター小池クリニックにやってきた

2018/7/26  

【こわもて患者】 というほどではありません。 残念でした。   しかし、町で会ったら 雰囲気のある人です。   刺青、タトゥーがあるので、 いつも長袖です。 肌が荒れると クリニッ ...

no image

アンチエイジング 予防医学

【目のクマ】があると、老けてみえる!疲れてみえる!その種類と治し方は?

2018/7/26  

【目のクマ】があって、 老けてみえるアナタ 疲れてみえるアナタ その種類と治し方はわかりますか?   青くま 茶くま 黒くま 青クマ 疲れたり、寝不足 若かりし頃からある人はこれが多い。 & ...

no image

アンチエイジング 予防医学

【アンチエイジング医療】を真面目に考えて、元気に長生きしたいあなたへ

2018/7/26  

アンチエイジング医療を 受けたことのない方は、 多くいらっしゃると思います。 「アンチエイジングが何か分からない」 「どこで受けたらよいのか分からない」 「何となく不安」 といった理由でしょうか。 ア ...

no image

小池コラム

【ブス】なアナタはクリニックに来ないで下さい!

2018/7/26  

【この記事の目的】 ブスはうつるという事実をみんな知らない。感染症によっては届け出も必要だし、措置も必要なことがある。ブス伝染病も、広く一般には知られていないが、感染力もつよく重症度も高い。だから、う ...

no image

アンチエイジング

【美容クリニック】に行っても満足できる人が少ない理由

2018/7/26  

【この記事の目的】 本当の若返りと健康なくして、美容は手に入らない。 小手先でどうにかしようと考えている愚かな人たちをターゲットにしているのが、美容クリニックの大半である。当然、おろかな人向けの医療な ...

no image

小池コラム

【不要な検査】合法的に邪魔な家族を消す方法

2018/7/26  

【この記事の目的】 大切な家族のためによかれと思ってしたことが、実はマイナスになることもある。医療はとくに分かりづらく、そのリスクが高い。理解している医師も大勢いるが、バカな患者に説明すると逆ギレされ ...

no image

予防医学

【健康偏差値】一番偏差値が高いのは医者ではありません。

2018/7/26  

【起きた病気】 に対して一番理解しているのは 医者や、基礎医学の研究者、あるいは それに関連した方々だと思います。 骨折が分かりやすいです。 折れた骨を治すのは医者です。 折れにくいような骨でいられる ...

no image

予防医学

【歯ぎしり】が治ると得られる30のメリット

2018/7/26  

【この記事の目的】 歯ぎしりが原因でおきている体の不調が色々とある。犯人はいつも意外なところにある、という事実を伝えるため。 小顔になった 朝起きて顔が痛くない 歯医者の治療費が前よりかからない 歯を ...

Copyright© 小池ぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.